top of page
  • tootake

吉備津彦~アタ姫を切った男?

更新日:3月5日

第239話~吉備津彦は五十猛神!


本の名:彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)、亦の名:吉備津彦命(きびつひこのみこと)、孝霊天皇の子で、姉はあの倭迹迹日百襲媛命です。私の考えでは孝霊天皇は素戔嗚です。孝元天皇(饒速日)も孝霊天皇の子です。


日本書紀では崇神天皇10年9月9日に、吉備津彦を西道に派遣するとあり、同書では北陸に派遣される大彦命、東海に派遣される武渟川別、丹波に派遣される丹波道主命とともに「四道将軍」と総称されています。

古事記では日本書紀と異なり、孝霊天皇の時に弟の若日子建吉備津彦命(稚武彦命)とともに派遣されたとし、吉備国平定を果たしたと書いてあります。


崇神天皇10年9月27日条によると、派遣に際して武埴安彦命とその妻の吾田媛の謀反が起こったため、五十狭芹彦命(吉備津彦命)が吾田媛を、大彦命と彦国葺が武埴安彦命を討った。その後、四道将軍らは崇神天皇10年10月22日に出発し、崇神天皇11年4月28日に平定を報告したという。また崇神天皇60年7月14日条によると、天皇の命により吉備津彦と武渟川別は出雲振根を誅殺しています。


崇神天皇10年に①「四道将軍」となり北陸に行き、また②吉備国(岡山県)平定し同年に③タケハニヤスを討ったのです。この時20歳だったとしましょう。そしたら崇神天皇60年に出雲振根を討ったときは、70歳代になっていた計算です。


①については、孝元天皇の子が孝元天皇の孫である崇神天皇の命令で動くとは考えにくく、②③が同年とされているのやや無理があります。③は完全に嘘でしょう。


孝元天皇=素戔嗚の8人の子供のなかに五十猛神、大年神がいます。私は大歳も五十猛神も饒速日だと思っています。素戔嗚尊の8人の子供(八島篠見神、五十猛神、大屋比売神、抓津比売神、大年神、宇迦之御魂神、大屋毘古神、須勢理毘売命)五十猛彦は饒速日!


吉備津彦こと彦五十狭芹彦命は五十猛ではないでしょうか。

岡山県にある吉備津彦神社はもともとは五十猛を祭っていたと思われます。その先の鳥取県日野郡日南町には楽々福神社(ささふく)があります。楽々福神社は孝霊天皇を祭っています。日南町は鳥取県の南の端で、峠を一つ越えれば岡山県(吉備)です。

一方、備前(岡山県)にはミワ神社が三社も(美和神社、大神神社、神神社)あります。ミワ神社は大物主(=長脛彦)を祭っています。大物主は長脛彦

饒速日=五十猛と長脛彦は同盟を結んでいたため、自由に吉備(岡山)を通行できました。近畿圏では九州のように鏃が刺さった遺体は出土していません。吉備と大和朝廷(邪馬台国)と大規模に戦った形跡はありません。


彦五十狭芹彦命は、記紀ではここぞという要所、要所で登場しています。ヒーロー(桃太郎)として描きやすかったのでしょう。


吉備津彦の子孫とされる吉備氏をみてみると、①景行天皇の妃となった播磨稲日大娘は、ヤマトタケルを生んだ。②そのヤマトタケルと共に蝦夷遠征を行った吉備武彦の娘は、ヤマトタケルの妃となった。③吉備武彦の子の鴨別(かもわけ)は、仲哀天皇の熊襲征討に功績があった。④兄媛は応神天皇の妃となった。

①②のヤマトタケル、③の仲哀天皇、④の応神天皇についてはいずれも実在した人物とは思われていません。つまり吉備津彦こと彦五十狭芹彦命なる人物は存在しないということです。


※これまでの記事はこちらです。

※このプログは、御牧国(ミマキ国)が邪馬台国であるという前提の上で書いています。今までのところ矛盾なくここまて書き続けています。








閲覧数:60回2件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page