top of page
  • tootake

息長氏~ヤマトタケル3

更新日:2023年11月22日

第155話


息長氏は、近江(滋賀県)坂田郡を本拠としたとするのが一般的な見解です。

息長村(おきながむら)は、現在の米原市中心部の北東一帯にあたりです。

美濃への交通の要地であり、天野川河口にある朝妻津により大津・琵琶湖北岸の塩津とも繋がり、また、息長古墳群があり相当の力をもった豪族であったことが窺えます。天野川があることから、この辺りも邪馬台国の候補地になっています。天野川は、私が邪馬台国の一部とする枚方市・交野市にも流れています。


新撰姓氏録に息長丹生真人(おきなが・にう・まひと)という人物が記載されており、息長氏が丹生(にゅう=朱)に関わっていたと推測されます。息長とは「息を長く吹く」ということです。これは、火を強くすることで朱の精錬にはかかせません。


付近にある伊吹山の「吹」の字があることから、朱との関連が推測されます。ヤマトタケルは、伊吹山の神の攻撃に会い意識朦朧となったとの伝説があります。ここでもヤマトタケルは三重村と同じように朱(水銀)の毒に犯されてしまったようです。臼と杵~ヤマトタケル2


ヤマトタケルも息長一族です。

古事記に「息長」の初出は、息長水依姫です。父は天之御影神の六世孫・国忍富命、夫は日子坐王(第9代開化天皇の子)とされています。次は、開化天皇皇子の日子坐王の子である迦邇米雷王を父とする息長宿禰王(『』では気長宿禰王)であり、神功皇后とされています。ヤマトタケルは第12代景行天皇の皇子で、第14代仲哀天皇の父にあたります。

仲哀天皇の后が神功皇后(気長足姫尊:おきながたらしひめのみこと)です。


古代から滋賀県は渡来系の人々が住んでいた地域で、金属文化、石工文化があり、そうした意味で前号で触れた大分県と似た所があります。琵琶湖の東岸には邪馬台国異聞2~馬と呉服 でふれた阿自岐神社があります。


ちなみに邪馬台国=近江説で卑弥呼とされているのは、息長水頼比売(オキナガノミズヨリヒメ)です。古事記にのみ登場し、日本書紀には記載がありません近淡海(チカツアフミ)の御上祝が信奉する天之御影神(あめのみかげ)の娘で日子坐王(ひこいます)の妃の一人です。

           {参考文献}「邪馬台国は朱の国だった」蒲池明弘


※これまでの記事はこちらです。

※このプログは、御牧国(ミマキ国)が邪馬台国であるという前提の上で書いています。今までのところ矛盾なくここまて書き続けています。



閲覧数:54回2件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page