top of page
  • tootake

邪馬台国が記録されなかった理由

更新日:4月27日

第12話


邪馬台国は北摂にあったという説は、全くないわけではありません。

何人かの研究者が言及されています。しかし、すぐに反論されてしまっています。


「たとえば、山城、近江、丹波、河内あたりに邪馬台国があったということですが、その場合でも、近隣の大和すら押さえられずに九州は押さえていたとか、中国と盛んに交流していたというのはまった奇異です。 となるとやはり邪馬台は、北九州かその周辺せいぜい、吉備や出雲、、、」〇〇著 「最終解答 日本古代史 神武東征から邪馬台国」

大和すら押さえられずとはどういう意味でしょう?長脛彦はともかく饒速日は物部氏です。イカガシコオも物部氏で、元々身内なのです。長脛彦も奈良盆地ではなく河内の人です。

藤原(中臣)、阿部、菅原は三島ないし御牧(ミマキ)の出身ですし、他の大和の豪族と言えば、大友氏(近江が根拠)、葛城氏、蘇我氏なのですが、いずれも崇神朝よりだいぶ後のことです。これらの豪族は、ミマキ・入彦が御牧国から奈良盆地からやって来たから彼らも来たのです。奈良というのも茨木市の奈良から受け継いだものでしょう。


葛城王朝の天皇の陵墓される場所には円墳があるのですが、巨大古墳の時代であるのにみすぼらしいのです。御所市教育委員会 藤田和尊氏によれば、後に葛城氏が応神朝の外戚として栄えたときに、葛城の地には元々天皇の陵墓などなかったのに、葛城氏の過去を飾るために伝承を変えたのだとされています。


つまり崇神朝(邪馬台国)は、奈良盆地の大和を抑える必要など全くありません。

長脛彦、饒速日との戦闘は、崇神朝での内乱と考えられます。


後記:崇神天皇が桜井に進出するまでは、葛城氏は奈良盆地にはいなかったはずです。土蜘蛛、アタ族などが住んでいましたが、神武(スサノオ)によって征服されてしまいました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<後記:2024年1月8日>


この記事を書いてから、6か月以上たちました。奈良盆地には、既に鉱山、水運などの利権が発生しており、それをめぐって様々な戦いもあったという認識を持つようになりました。


そして、三島、高槻、枚方、交野が邪馬台国だったとしたら、なぜその記録がないのかとい疑問を示す学者もいます。それは、疫病の大流行により、いちどこの地域が放棄されたらです。楠葉を糞葉ということから、この地域を忌むべき地域と思っていたことは明らかです。ですからここに大和(邪馬台国)・奈良があったことも記録しなかったのです。


「屎褌(くそばかま)」とは現在の大阪府枚方市樟葉のことです。明らかな穢名説話です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<蛇足の追記>

この北摂の地が武埴安彦命の外戚・河内青玉繁の拠点であったとする研究者もいます。

私は、武埴安彦命(タケハニヤス)が大和朝廷(邪馬台国)も中でもトップクラスの人物だったと思っています。タケハニヤスの乱は、政権争いだったのです。


<タケハニヤスの乱>

タケハニヤスの乱2 ~阿太(奈良県五條市)

タケハニヤスの乱4~大彦は、綏靖天皇



※このブログは、御牧国(ミマキ国)が邪馬台国であるという前提の上で書いています。

・ミマキ国は、茨木、高槻、枚方、交野です。

・今までのところ矛盾なくここまて書き続けています。矛盾している箇所があれば、その矛盾点をヒントとして次の記事としています。 

※これまでの記事はこちらです。


閲覧数:63回1件のコメント

最新記事

すべて表示

1件のコメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
tootake
2023年10月10日
5つ星のうち5と評価されています。
いいね!
bottom of page